ぬおおおおおおおいいいいいいいいいい

徹夜明けの今日は全身だるいど~~~。でも仕事をがんばらなくちゃ。いうことを聞かない体に、力のみなぎる言葉を誰か教えて。
[PR]
# by gohanwoyosouyatu | 2006-04-26 13:07

数学

暇つぶしに勉強するとついつい止めれないときがありますよね。特に数学はパズル感覚でやっちゃいます。答えがひとつしかないのが面白いです。たとえ過程が違っても、答えがあっていればいいわけですから。もしかしたら、それはたまたまなのかもしれませんから、他の場合に当てはめてたりしてあってるかを確認するんです。

皆さんも、暇つぶしに高校の教科書や問題集でも開いてみたらどうですか?ちょうどいい暇つぶしになりますよ。
[PR]
# by gohanwoyosouyatu | 2006-04-11 21:52

サボテン

少し前に植物の不思議に焦点を当てた本を読みました。そこには動物に優りとも劣らない植物の生態系がたくさん紹介されていたのですが、代表的なものは「サボテン」で、サボテンというのはどうも感情のようなものがあるらしく、愛情をこめて育てたサボテンと意地悪をして育てたのでは大きく育ち方、花の咲き方が違うようなのです。実験で、サボテンに心電図を取り付けて脅すと、針がグッと振れるそうです。野菜では、クラシックの曲をかけながら育てるとよく育つなどの効果があるそうです。

そういえば、最近中学時代の先輩に会いました。彼は中高時代ヤンキーとして地元で有名方だったのですが、大変丸くなっておられました。社会に出て色々辛いことがあったとは思いますが、人間の場合だけは少し違うようです。今年の夏、大切な試験があるそうです。ぜひとも、「能ある鷹は爪を隠す。」であるところを見せてやってほしいものです。
[PR]
# by gohanwoyosouyatu | 2006-03-20 13:13

歪んだ愛

どこの飼い犬も同じなのかもしれないが、ビニールの音に鋭く反応する。ちょっとでもビニールの音を立てたら、ターッと走ってきて、足元で尻尾を振っている。・・・愛おしい。残念ながら、飼い主がかなりセコイために、お目当てのおかしは食べることが出来ないが、その代わりと言っては何だが、愛情をこめて抱きしめてあげる。

でも・・・臭い。臭すぎる。何日お風呂に入れてないんだ。二週間ほど風呂に入れてはないか。でも可愛い。愛くるしい表情で寄ってくる。可愛い。でも臭い。臭い。でも可愛い。

神様、僕の愛は臭いと可愛いの間で、なんというか、どういうか、まぁ、そういう感じです。

歪んだ愛。・・・官能小説には出来ないね。
[PR]
# by gohanwoyosouyatu | 2006-02-25 06:40

同窓会

皆さんは同窓会というものに出たことはありますか?いろいろな昔の思い出に浸りながら、久しぶりに会った友人と談笑するのは、すごく楽しそうなのですが、あいにく僕は今まで一度もそのような類のものには出たことがありません。

それが、三月に急遽開かれることとなったそうです。なんかハラハラドキドキしちゃいますね。もしかしたら、みんな大人っぽくなっちゃってるかも知れません。昔かっこよかったあいつの頭が

ハゲ散らかってる可能性も否めません。  まだ、僕らはそんな歳ではないですが。笑

みんなどうしてるのかな。俺もいけたら絶対行くよ。だから、彼女の隣は俺のために空けておいておくれ。(泣)

おっしゃ!!! ちゃっちゃと仕事片付けて、その日に備えよう。
[PR]
# by gohanwoyosouyatu | 2006-02-20 00:17

心の整理

 いろいろな理由があって、好きな人と会えなくなることがある。それは、家庭の事情であったり、突然の不幸であったり。この二つを比べると、やはり前者のほうが幸運だと思う。もしかしたらという可能性を残した別れなのだから。僕は運よく前者のほうであった。たとえ彼女が違う国籍の人でも、僕にその気があれば会えるのだから。僕はラッキーだった。そう思わなければ、やってられない。 

これが今の僕の気持ちだ。  사랑해 
[PR]
# by gohanwoyosouyatu | 2006-02-16 02:39

「あの頃は・・・。」

今の人だけが恋をするわけではなく、昔の人達も僕らに勝るとも劣らぬ恋をしていた。それは、身分によってかなわぬ恋だったり、いろいろな形の恋があったのだろうと、僕は古文の勉強をしながら、ふとそう思ったりするのである。

時の帝が、かぐや姫にあえない悲しさのあまり、貰った手紙と不老不死の薬を、

あふことも なみだにうかぶ わが身には       
しなぬくすりも なににかはせむ
          

「これからあなたに会うこともない、
私に死なない薬が何になろうか。」


と嘆きながら、月に一番近い頂を持つ、駿河の国にある山で燃やした。それから人はその山を「ふじ山」と呼ぶそうだ。

このような話を読むと、その帝がその後、どのようにその喪失感の中を生きたのか興味が湧いてきた。詳しく調べたわけではないから、勝手なことをいうのもなんだが、結構ほかのことに忙しくて、忘れていたりするのではないだろうか。でも、寝つきの悪い夜や、焚き火でもしている時などに、ふとしたことで思い出して、

「あの頃は・・・。」     

と思いながら、はにかみの様な苦笑いをしていたに違いないと僕は思うのである。どんな顔をかぐや姫がしていたのか知らないが、それはここではお門違いである。それは、電車男において、読者の数だけ多種多彩なエルメスがいるように、どのような顔をしているかは、読む人々がストーリーを読みながら、かぐや姫像を培っていけばいいのである。

読み返していて、「あの頃は・・・。」のところで、野太い声で「haaah。」と言ってしまった。まだまだ、僕が、恋愛を語るには修行が足りないようである。

和田アキ子にも、切ない恋愛があったことを思いながら・・・・合掌。
[PR]
# by gohanwoyosouyatu | 2006-01-27 09:09

女性ファッション誌を読もう!!

まぁ、第二回目ということでね、面白いことをしようという初心を、もうすでに忘れかけているわけですけども、なんていったらいいのか日常に変化が一個もないですね。一日中勉強して、その日勉強していた間に思いついたことをブログに書く。これを毎日繰り返していると、僕はいったいどうなってしまうんでしょうか。いや、本当に。

そうそう、僕は最近になってやっとファッションについて感心を持つようになったのですが、やっぱり捻くれてるんですかね、女性ファッション誌をいっぱい買ってしまいました。敵をまず知らねばという気持ちで買ったのですが、なんで女性ファッションが敵ということになっているのでしょうか、疑問です。

女性誌というのは僕の知らなかった世界なわけですから、面白いことがたくさん書いてあります。

「一ヶ月で女力up」 とか 「スカート&ワンピでおしゃれ偏差値up!」 など、サッカー馬鹿には一切かかわりのない単語の連続です。中でも面白かったのが

「マグロ男にカモメ女が恋をした・・・」

マグロ男=おしゃれに気を使っているが、あまり恋愛に積極的ではない。電話メールもあまりマメではなく、ホテルに行ってもエッチなしでもOK。くるもの拒まず、去るもの追わずで、頼られたり、甘えられたりすると困惑してしまう。

カモメ女=マグロ男に群がる女子のこと。消極的な彼らを狙う恋愛狩人型と、「私なら彼を育てられる。」という母性型の二種類。

という特集なのですが、ついつい男の僕も、がっちり噛り付いてしまいました。
何を特集しているかというと、文字通りマグロ男とカモメ女についてなのですが、いかにしてマグロ男を釣り上げるか。これに焦点を当てています。まず最初に、彼氏のマグロ男チェックをするのですが、この特集では、三種類のマグロ男にパターン分けをしています。モテマグロ型と小心マグロ型、そして淡白マグロ型。

診断結果、僕は淡白マグロ型でした。淡白マグロ型とは、字の通り、淡白で、何をするのも「面倒くさい。」が口癖。彼女よりも、自分のやりたい事を優先してしまう傾向が強い。

う~ん、要所要所ポイントを抑えている。確かに俺は淡白マグロのようだ。

マグロ男チェックを済ますと、今度は、いかにして自分の狙いを定めた奴をしとめるかが書いてあります。小心マグロには追い込み漁がいいとか、モテマグロにはタコツボ漁がいいとか書いてあるのですが、私、淡白マグロに対して有効な漁は、カナツキ漁だそうです。皆さん、ちゃんとカナツキ漁というのを知っていますか?カナツキ漁というのは、自由に泳がせておいて、ここぞという時に一突きでしとめるあの漁のことですよ。

・・・何というか、女の人は、男の人と違って、作戦をかなり練ってるんですね。僕な
んか、男友達にもらったアドバイスは

「男らしくがんがん押していけ。たまに引いたりしながら、でも結局は押しの一手だ。」

見たいな物ばかりだったものですから、男の幼稚さばかりが目立ってしまいます。

なんかしまりのない終わり方ですが、まぁ、皆さんも、女性ファッション誌でも暇つぶしに読んでみてはいかがでしょうか。なんか新しい世界観が開かれるかもしれませんよ。
[PR]
# by gohanwoyosouyatu | 2006-01-23 22:36

まぁ、そう照れずに

はじめまして、で始めるのが一番適切なのかどうか分かりませんが、なんとなく緊張してしまいますね。何度やっても自己紹介の類は苦手です。まぁ僕自身このブログが初めてというわけではないので、どのような感じでやっていけば良いのか分かっているつもりですが、それでも、今まで読んでいてくれた人達との関係をさっぱりして、新しくブログを始めたわけですから、小出し小出しに新しい自分というのを見つける事ができたら良いなと思ってます。

そんなに毎日毎日更新する気はないんでね、まぁ面白いことが見つかったらちょろちょろっと紹介程度に書いておきますんで、まぁ気軽に遊びに来てください。
[PR]
# by gohanwoyosouyatu | 2006-01-22 13:06